JYIA日本ヨガインストラクター協会では
業務提携・業務委託店舗を募集しています

ヨガ事業・ヨガレッスンを取り入れてみませんか?
ヨガの人気度
今後注目が高まりそうな資格第1位ヨガインストラクター

第2位 医療事務

第3位 介護事務

※癒し&健康・医療関連部門

通ってみたい習い事・学校第2位ヨガ・ピラティス

第1位 英語・英会話

第3位 家庭料理

※2017年 ケイコとマナブnet より

ヨガインストラクター人気の理由
理由のポイント

日本では2004年頃から若い女性を中心にしたヨガブームが起こり(ハリウッドスター「マドンナ」の影響と言われている)、ダイエットや健康法としてフィットネス市場が参入することにより、若い女性だけでなく中高年の女性や男性も習うことが可能になり、ヨガ人口が増加しました。
ヨガのポーズで「体の歪みが矯正・柔軟性の向上」する効果があり、1度のレッスンでリラクゼーション効果が体感できるなど、2015年には日本のヨガ人口(見込)が「351万人」の成長市場に発展しました。2005年頃のヨガブーム時(32万人)のおよそ10倍にもなります。2017年には雑誌『ケイコとマナブ』 の2017年度「おケイコランキング」においても、[一年以内に経験した習い事]第1位ヨガ・ピラティス(17.6%)[やってみたい習い事]第2位ヨガ・ピラティス(23.1%)であり、女性の間で人気のお稽古事となっています。

そこで JYIA日本ヨガインストラクター協会では
新規ヨガ事業・ヨガレッスンをお考えのお客様に
ご提案いたします

業務提携

店頭にて弊社が用意させていただく紹介カードやJYIA販促物を配布いただき、
JYIAへご紹介者様が入校につながった場合に
入校費の20%を還元させていただきます。
初期費用は無料です。

紹介カードで入校費を20%キャッシュバック

お申し込みからの流れ

お申し込み
↓
ご商談(契約内容の確認) 販促物のご紹介
↓
お客様からJYIAへ予約(スクール個別相談・スクール体験)が入る
↓
お客様がJYIAに入校(進捗情報をご報告[月1回])
↓
JYIAより入校費の20%をキャッシュバック

業務委託

信頼のあるJYIAヨガインストラクターを派遣し、
充実したヨガタイムをプロデュースいたします!!
店舗で空いているスペースを有効活用して、
ヨガを身近に取り入れてみませんか?

お申し込みからの流れ

お申し込み
↓
ご商談(レッスン内容・開講時間・施設場所の確認)
↓
貴社へお見積りをご提出(弊社により最適なプラン・シュミレーションをご提案)
↓
契約書・最終確認(集客告知の案内などもサポート)
↓
レッスン開講

認定加盟校

日本ヨガインストラクター協会ではヨガを学ぶため個々の環境に対応して、目的に応じたライセンスを取得できます。 そのために必要な知識や技術の普及と向上を目標としてJYIAライセンス認定試験を実施しています。試験では、ヨガに関する幅広い知識と、実用的で臨機応変な応用力が要求されます。 JYIAライセンスは日本ヨガインストラクター協会が承認・指導する教室の主宰者となる資格とも対応しています。 JYIAライセンス取得後は教室を開設・独立することも可能です。

ヨガスクールはこんな事業主様が運営されています

JYIA認定校とサポートシステム
JYIA1級ランセンスを取得され、JYIA1級会員として登録された方は協会のバックアップのもとに「認定校」を開設することができます。オープンに先駆けJYIA HP掲載・各ブログ掲載・ケイコとマナブ掲載等による広告PRを行い、生徒入会案内をします。また生徒用のJYIAスクールガイド・リーフレットや授業テキスト教材等オープンに際して必要となるツールを提供し、オープン準備を整えます。開校後は、集客マニュアル・顧客管理・商品研修など店舗運営のフォローアップも行い、認定校としての経営をサポートしていきます。また法人認定校は生徒に1級ライセンスまで取得させることができます。
POINT1

オープン準備

■JYIAスクールガイド
■リーフレット
■ヨガ教材
■ヨガイベント企画・開催

POINT2

販売促進の強化

■販促資料・企画・構成一式
■ディプロマの発行
■ビューティワールド等各種イベント

POINT3

広告PRによる生徒獲得

■JYIA HPの情報掲載
■「ケイコとマナブ」「資格ネット」等
 各種ヨガ媒体への掲載
■ブログ広告宣伝

料金
法人 個人
認定登録料 ¥800,000 ¥360,000
年会費 ¥350,000 ¥125,000
広告費 ¥35,000 ~¥55,000
JYIA認定校オーナー様の声

JYIAのホスピタリティに共感!

弊社の本業は美容エステサロンです。 今回ヨガスクールビジネスを導入したのは、JYIAの考えに共感出来たのが一番ですが、空いているスペースを活用して「低予算で新事業を始めたい」という思いがあったからです。スクールビジネスであれば、企業の社会的イメージもアップしますし、客層的にも本業であるエステ事業と相互作用が図れ、売上げもアップできるのでは…と。もちろん当初は不安な想いもありましたが、協会からのしっかりとしたサポート・フォローアップにより、無事に開校させることができました。開校前の本部インストラクターによるヨガイベントでは、沢山の生徒を集めていただき、今では1期生として卒業し、それぞれの道で活躍してくれています。

お客様の幅が広がった!

弊社の本業はリラクゼーションを取り入れたエステサロンです。 不況により新規顧客が減っていく中、新しいものを取り入れることで「既存顧客には新提案」を「新規顧客には違った方面からのアプローチ」をかけたいと思い、ヨガスクールビジネスを始めました。美容サロンにくるお客様は、健康に関しても興味をもっているので、ヨガの提案もスムーズに行うことができました。また本部校インストラクターによるイベントでは、多くのお客様に興味を持ってもらえるようなヨガの指導のみでなく、直接その会場でスクール説明会まで行っていただき、予想以上の集客でとても満足しています。

お申し込みからの流れ

個別相談
↓
加盟希望者審査
↓
理事会承認
↓
契約面談
↓
契約
↓
加盟校オープン